このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

美髪研究所 髪を入り口に、すこやかで心地よく、
美しく生きるためのヒントをお届け

マコモダケの短い旬を楽しむ。からだを整えるお弁当 vol.48

マコモダケの短い旬を楽しむ。からだを整えるお弁当 vol.48

こんにちは、[からだリセット]料理人の中島芙美枝です。

毎月第一金曜日、表参道のコミュニティサロン「Grenier(グルニエ)」にて、完全予約制で「からだを整えるお弁当の会」を開催中。

自然栽培のお野菜や手作りの発酵調味料をつかって、体調をととのえるお弁当をつくります。



この日のお弁当には今年初となるマコモダケをきんぴらにして詰め込みました。

マコモダケはイネ科の植物で、ほんのり甘い優しいお味。

11月の一ヶ月ほどだけ手に入る旬の短いお野菜です。

食物繊維が豊富で腸内環境を良くする働きがあるほか、デトックス効果も高いと言われているため、お茶などでも親しまれています。



11月の「からだを整えるお弁当」メニュー



今月のレシピ

マコモダケは皮のままグリルに入れて蒸し焼きにしても美味しいですが、きんぴらにしていただくのもオススメです。



マコモダケのきんぴら

<材料>

・マコモダケ  1本
・胡麻油  適量
・醤油 大さじ1
・白胡麻 大さじ1




<作り方>

① マコモダケは外側の緑の皮をむき、白い部分を斜め細切りにする

② 鍋に胡麻油を熱し、マコモダケを入れてさっと炒める

③ 蓋をして5分ほど蒸し煮にする

④ 醤油で味付けをして、炒った白ごまを和える
 ラー油などでピリ辛にしても美味しく頂けます








中島さんの【からだを整えるお弁当の会】は、毎月第一金曜日ランチ(11:30~14:30)開催。

その場でお召し上がりも、お持ち帰りもOKです。完全予約制。詳細とお申込みはこちら→


 Grenier
community salon by uruotte
中島芙美枝

中島芙美枝

料理家

北海道生まれ。ニューヨーク、東京でのメディア会社勤務を経て、食の道へ。やまと薬膳オオニシ恭子師に食養を学ぶ。
美味しく、楽しく、美しい、「ほんもの」の食を提案する。「atelier MARU」より、自然栽培のお野菜と手作りの調味料を使ったお弁当やケータリング、社食、料理教室、コラムの執筆など活動。毎週火曜日代官山、毎月第一金曜日表参道にてランチを提供。

ホームページ

インスタグラム

※当サイトに掲載されている内容の無断転載・引用、画像の無断複製・転用を禁じます。

美髪研究所TOP