このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

美髪研究所 髪を入り口に、すこやかで心地よく、
美しく生きるためのヒントをお届け

日本の宝ともいえる食材、米のパワーはビューティケアでも大活躍

日本の宝ともいえる食材、米のパワーはビューティケアでも大活躍

9月、食材を買いに行くと彩り豊かな秋の旬がたくさん視界に飛び込んでくる時期です。そして私たち日本人の主食、米も収穫したてのフレッシュな新米がお店に並び始めます。

昔より摂取頻度が減っているとはいえ、日本人にとって米は元気の源
「気」という漢字は、戦前まで使われていた旧字で表すと「」となります。气(きがまえ)の中に八方へのパワーの広がりを表す米が入っているのは、内からエネルギーを発するという意図から成り立ったと考えられています。また、薬膳の世界においても米は「補中益気」といって、体にエネルギーを補う働きのある食べものです。

そんな米は、スキンケアやヘアケアの分野でも長きに渡り注目され続けている素材。今回は、そのすばらしさ、ビューティの世界での活躍ぶりについてご紹介します。

古くから美容に取り入れられてきた米

国産の化粧品を中心に、さまざまなかたちで使われている米由来の成分。
近年では、白米を原料に発酵技術を組み合わせて作られた肌の保水力を改善する成分や、米を発酵して作ったアルコールなどが話題を集めましたが、科学の力を借りるずっと前から米は庶民の美容に取り入れられていました。

江戸時代に出版され、大正時代まで増刷されたという『都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)』によれば、当時の女性が白く美しい肌を求めて使う洗顔料の定番の1つは、米ぬか袋でした。米ぬかを木綿の袋に入れて、銭湯などで湯を含ませて肌磨きをした姿は浮世絵などにも鮮明に残されています。つまり昔の人は、米ぬかには美容に良い何かが豊かに含まれていることを体感的に知っていた、というわけです。

米のパワーの大半を占めている米ぬか

現代では、米の栄養成分の95%は米ぬかにあることがわかっています。そのことは、玄米やぬか漬けなど、食べて米ぬかを摂取した際に得られる有用な栄養成分の一覧を見ても一目瞭然です。

代表的なところでは、ビタミンB1、ビタミンE、トコトリエノール、イノシトール、GABA、フェルラ酸、γ−オリザノールなどが挙げられます。ビタミンB1ビタミンE肌を健やかに保つのに欠かせないビタミンとしてすでに有名ですが、そのほかの成分についてはどのような働きがあるのでしょうか。トコトリエールは、スーパービタミンEとも呼ばれ強力な抗酸化力を持っています。イノシトールは米ぬかに含まれるフィチン酸から作られるビタミンB群で、いわゆる血液サラサラ効果を発揮してくれます。GABAは、アミノ酸の一種で健康志向の方の間では認知度の高い成分ですが、神経の活動を鎮めてストレスを緩和する働きがあります。フェルラ酸はポリフェノール類の一種で優れた抗酸化作用を持ち、このフェルラ酸と植物性の脂質からできたのがγ−オリザノールです。γ−オリザノールにも抗酸化作用があり、そのほか血流促進コレステロールを下げる自律神経の働きを調整するといった働きがあります。

“米ぬかエキス”は、頭皮や髪にも嬉しい効果が

先ほどの、江戸時代に洗顔料としてぬか袋が使われていたというエピソードのもっと前、実は平安時代にはすでに 米のとぎ汁がシャンプーのように使われていたという記録があります。というのも、米ぬかの成分が溶け出している米のとぎ汁には、微生物によって汚れを分解して毛穴をきれいにする働き、血行促進や抗酸化といった作用を持つビタミンやポリフェノール類によって頭皮を健やかに導く働きなどがあります。

さらに、米ぬかからは米油や米胚芽油を採ることができ、フェルラ酸やγ−オリザノールといった脂質系の成分を含んでいるため、ほどよく油分を含んだ米のとぎ汁は髪をツヤやかに整えるのにもうってつけだったのです。ただし、米のとぎ汁や米ぬかはそのままだと腐敗しやすいというデメリットがあるため、現代では“米ぬかエキス”としてほかの成分と組み合わせて化粧品に配合されるようになりました。現在はお米のブランドによる比較研究なども進み、より優れた働きを発揮してくれる米ぬかエキスを採れるようになってきたことも、美容成分“米ぬかエキス”のメリットといえそうです。

食べても塗っても健やかな美しさを育むのに役立ってくれる米ぬか。スキンケアやヘアケアでその恩恵を存分に受け取るには、微量栄養素を複雑に含む“米ぬかエキス”の良さをいかしてくれるような、ナチュラルな成分でつくられた自然派の化粧品を選ぶことをおすすめします。

>> おすすめ 米ぬかエキスを配合、弱酸性でお肌にやさしい自然派2in1シャンプー

いしずか久見子 Kumiko Ishizuka

いしずか久見子 Kumiko Ishizuka

セルフケアコンシェルジュ

美容ライター(石塚久美子名義)として長年に渡り先端の化粧品や健康法、メイクアップアーティストや化粧品開発者等の取材を経験。執筆の傍ら、皮膚の生理機能や新陳代謝、姿勢の重要性を感じ、タイ式ヨガといわれる“ルーシーダットン“を学び講師として活動。スキンケアや食の見直しなど、セルフケアで自身の敏感肌を改善した経験から、近年は栄養医学を学び栄養医学指導の資格も持つ。

最新の配信情報を知りたい方はこちらでもご覧いただけます


RECOMMENDED ITEM


米ぬかエキスで頭皮すこやか
うるおいのある髪へ

ナチュラルシャンプー
ノーブルフラワー

ナチュラルシャンプー ノーブルフラワー

99%植物由来、ノンシリコン処方の2in1シャンプー。山形産つや姫米ぬかエキスを配合し、髪と頭皮にうるおいを与えます。有機ホホバオイルとお米由来のダメージ補修成分でコンディショナー不要でも指通り良く洗い上げます。8種の精油を贅沢にブレンドした「ノーブルフラワー」の香り。
250ml/約2ヶ月分

3,300円(税込)

お米由来のダメージ補修成分を配合した
約10日分のお試しセット

uruotte トライアルセット
(うるおい)

トライアルセット [うるおい]
トライアルセット [うるおい]

ノンシリコンの2in1ナチュラルシャンプーと、ドライヤーの熱ダメージを防いでサラツヤする洗い流さないトリートメントのお試しセット。お米由来のダメージ補修成分を配合し、指通りの良いなめらかな髪へ。

[内容]約10日分
・ナチュラルシャンプー 40mL
・洗い流さないトリートメント 15g

1,210円(税込) 

※当サイトに掲載されている内容の無断転載・引用、画像の無断複製・転用を禁じます。

美髪研究所TOP