uruotte history

  1. トップページ >
  2. うるおってとは >
  3. 開発ストーリー
家族みんなで安心してずっと使えるシャンプーを
当社が2005年に初の自社商品として開発したのが、シャンプー uruotteうるおってでした。
「家族全員使える、使いごこちよい自然派シャンプーを!」 が、私たちの出発点。
赤ちゃんから使える「やさしさ」が自慢です。
「アミノ酸シャンプー」の開発を決意
子供の頃は肌が弱く、自然食を実践していた母の方針で、
石鹸で髪を洗い、レモンやお酢でリンスをしてもらっていました。
しかし使用感や仕上がりには満足できず、大人になっても、
常によいシャンプーを探していました。カリスマ美容家のセミナーで
「市販のシャンプーは刺激が強いので、薄めて使っている」との裏話を聞き、
(やはり市販のシャンプーは使えないなぁ…)と思っていたある日、
アミノ酸シャンプーに出会い、感動!
ただし、当時お値段も1本1万円超と非常に高価…。
ならば、自社で作ってしまおう!! と商品化を決意しました。 
奪いすぎず、与えすぎない。頭皮からそ当てるレシピ

10年前はまだ、毛先に「重ねる」ケアが主流で、今もそれは変わりませんが、
私たちは「頭皮からうるおいを奪いすぎず、与えすぎない」。
植物を育てるように、頭皮から美髪を育てることを考えました。
そのため、植物由来成分に徹底的にこだわり、シャンプーだけできしまず
泡立ちよく洗えるよう、何十回も試作を重ねてようやく完成。

発売当時は、月に30本しか売れませんでしたが、お客様のクチコミでひろがって
いきました。2012年にはうるおい成分のホホバオイルを、契約農家で栽培された
オーガニックオイルへリニューアル。美容液のように、さらに心地よく洗えるように
なり、2014年には30万個を販売しました。

専門家との共同開発でお悩みにこたえる

さらに、髪や頭皮にお悩みを抱えるお客様のご要望にこたえるべく、最近では、サイエンスの力も取り入れています。

2012年に、ドライヤーやヘアアイロンの熱でキューティクルをととのえるヒートリペア成分で、洗い流さないトリートメント「uruotte リペアミルク」を発売。
「熱でダメージを修復する」という逆転の発想でダメージをケアする商品です。

また、育毛研究歴30年の専門家と共同開発で、2014年に、ハーブとアロマにこだわった頭皮ケアエッセンス(医薬部外品)を発売。抜け毛や髪やせ、フケかゆみ、白髪など、あらゆる髪悩みに幅広くおこたえできるラインナップとなりました。

ナチュラル・コンシャス、ここちよさ、シンプルケア、高い機能性、環境へのやさしさにこだわりながら、よりよい製品でお客様の美髪をサポートしつづけたいと願っています。

ビューティサイエンティスト岡部美代治氏